潤目いわし50g

¥ 3003%OFF
¥ 291

※この商品の販売期間は2020年7月27日 00:00 ~ 2020年8月15日 23:59です。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 2,900円
    • 東北

      • 青森県 2,100円
      • 岩手県 2,100円
      • 宮城県 2,100円
      • 秋田県 2,100円
      • 山形県 2,100円
      • 福島県 2,100円
    • 関東

      • 茨城県 1,900円
      • 栃木県 1,900円
      • 群馬県 1,900円
      • 埼玉県 1,900円
      • 千葉県 1,900円
      • 東京都 1,900円
      • 神奈川県 1,900円
      • 山梨県 1,900円
    • 信越

      • 新潟県 1,900円
      • 長野県 1,900円
    • 北陸

      • 富山県 1,700円
      • 石川県 1,700円
      • 福井県 1,700円
    • 東海

      • 岐阜県 1,700円
      • 静岡県 1,700円
      • 愛知県 1,700円
      • 三重県 1,700円
    • 近畿

      • 滋賀県 1,500円
      • 京都府 1,500円
      • 大阪府 1,500円
      • 兵庫県 1,500円
      • 奈良県 1,500円
      • 和歌山県 1,500円
    • 中国

      • 鳥取県 1,500円
      • 島根県 1,500円
      • 岡山県 1,500円
      • 広島県 1,500円
      • 山口県 1,500円
    • 四国

      • 徳島県 1,500円
      • 香川県 1,500円
      • 愛媛県 1,500円
      • 高知県 1,500円
    • 九州

      • 福岡県 1,400円
      • 佐賀県 1,400円
      • 長崎県 1,400円
      • 熊本県 1,400円
      • 大分県 1,400円
      • 宮崎県 1,400円
      • 鹿児島県 1,400円
    • 沖縄

      • 沖縄県 2,900円

※12,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

通常価格400円のところ期間限定価格300円にてご提供。さらにセール期間中3%OFF

訳あり品。作業の過程で身が剥がれたりしっぽが切れたりした物を低価格にてご提供。
味は通常のものと遜色ありません。

北さつま漁港(鹿児島県阿久根市)で夏に水揚げされる、鮮度のよいウルメイワシを使用。昭和43年農林水産大臣賞を受賞した当時と変わらない、マルフク独自の「がらんつ(固干し)」製法で丁寧に干し上げました。旨みと栄養分が凝縮され、噛めば噛むほど、その上品な味わいは、青魚の中でも最高級で、カルシウム補給にもお薦めです。

●製法/内容量
がらんつ(固干し)/50g

●調理方法
小皿に食べたい量を入れ、お酢*1:オリーブオイル*1(*大さじ1)を入れ、ラップを軽くかけ600wで2分加熱すると簡単おつまみが出来ます。
フライパン等で、弱火で軽く乾煎りします。尻尾と皮目に少し焦げ目がつく程度が目安です。お好みで、レモンやスダチ等を搾っても美味しく召し上がれます。

●保存方法
冷凍保存をお薦めしています。召し上がる分だけ取り出し、解凍せずに調理が可能です。賞味期限は、冷凍(-18℃以下)保存の場合は120日、冷蔵(10℃以下)保存の場合は解凍日より60日以内です。

ショップの評価

  • マルフク 定番セット

    マルフク 定番セット

    きびなごは昔から食べていますが、今回かごんま食べる通信で送って頂いた御社の商品は特に美味しいと感じました。早速追加で友人に送ったところ、美味しかったとお礼の電話がありました。鹿児島らしい食べ物は、県内外の友人に贈るのに重宝します。これからも頑張ってください。ありがとうございました。

    レビュー頂き有難うございます。お客様が美味しいと言って頂けるのが、一番励みになっております。昔ながらの製法(手作業)で作っているので、大量生産が難しいですが、社員共々頑張っていきます。